【必見】孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とは?中華と名店ガイド!

【必見】孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とは?中華と名店ガイド!

『孤独のグルメ』ファンの皆さん、横浜中華街の魅力を再発見しませんか?

今回は、ドラマで話題となった海老ワンタン麺と、その舞台となった南粤美食(なんえつびしょ)について詳しくご紹介します。

井之頭五郎が訪れたこの名店は、豊富なメニューと温かい雰囲気で、多くの観光客や地元民に愛されています。

本記事では、海老ワンタン麺の魅力や南粤美食の口コミ、席数、人気の理由について詳しく解説します。

さらに、ドラマのシーン解説やキャスト情報も満載です。横​​浜中華街での次の食事プランの参考にしてくださいね。

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とは?

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とはどんな店なのでしょうか。

詳しく解説いたしますね。

以下の流れで紹介します。

  • 孤独のグルメとは?
  • 孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺は何話で登場した?
  • 孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とは?

 

孤独のグルメとは?

『孤独のグルメ』は、原作を久住昌之、作画を谷口ジローが手がけた漫画で、現在はテレビドラマとしても大人気のシリーズです。

2012年よりテレビ東京系列で放送されており、Season10までとスペシャルドラマ版があります。

主人公の井之頭五郎が、仕事の合間に訪れる様々な飲食店で料理を堪能する姿を描いており、その自由で気ままな食事の様子が多くの視聴者を魅了しています。

放送当初から東京都内を中心に、五郎が立ち寄った店や注文した料理は瞬く間に話題となり、特に「中華街 海老ワンタン麺」はファンの間で高い人気を誇ります。

五郎が一人で黙々と料理を味わう姿は、忙しい現代人の心に響き、「孤独」をテーマにしながらも、食べることの喜びや料理の魅力を存分に伝えています。

原作漫画も再度注目を集めており、各巻を購入するファンも増え続けています。

さらに、ドラマの再放送や動画配信サイトでの視聴も可能となり、幅広い世代から愛されています。

五郎の食べ歩きの旅を通じて、私たちも新たな料理や店舗を発見し、その魅力に浸ることができるでしょう。

孤独のグルメ公式HPはコチラ

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺は何話で登場した?

『孤独のグルメ』の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺が登場したのは、Season8の第1話「神奈川県横浜中華街の中華釜飯と海老雲吞麺」です。

多くの視聴者にとって特に印象深いエピソードの一つです。

五郎が横浜中華街を訪れ、そこで偶然見つけた老舗中華料理店で注文したのが、この絶品の海老ワンタン麺でした。

このエピソードは放送直後から大きな話題となり、SNSや公式サイトには多くの感想やレビューが寄せられました。

五郎が海老の旨味が凝縮されたスープに感動する様子や、ぷりぷりの海老ワンタンの食感を堪能するシーンは、見ているだけで食欲をそそられます。

また、放送後には実際にお店を訪れるファンも急増し、その影響力の大きさを改めて感じさせる内容となりました。

もし、このシーンをまだご覧になっていない方や再度見たい方は、ぜひ公式サイトや動画配信サービスでチェックしてみてください。

五郎と一緒に美味しい料理の旅を楽しんでみましょう。

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店とは?

『孤独のグルメ』の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店は「南粤美食(なんえつびしょく)」です。

「南粤美食」の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺は、その中でも特に話題となった一品です。

「南粤美食」は、横浜市中区の山下町に位置し、中華街の賑やかな雰囲気の中に佇む一軒家風の店舗です。

放送されたエピソードでは、五郎がこの店を訪れ、店内の下町の中華屋の雰囲気とともに、海老ワンタン麺の美味しさに感動する様子が描かれました。

この店の海老ワンタン麺は、ぷりぷりとした海老がたっぷり入ったワンタンが特徴で、中華料理ならではの深い味わいのスープが五郎を魅了しました。

訪れる際は行列に並ぶ覚悟が必要かもしれません。

放送後、多くのファンが訪れ、行列ができるほどの人気となっています。

横浜中華街を訪れる際には、ぜひこの「南粤美食」の海老ワンタン麺を味わってみてください。

五郎が堪能した美味しさを、自分自身でも体験してみてはいかがでしょうか。

南粤美食

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町165−2 INビル

電話番号:045-681-6228

 

横浜中華街で孤独のグルメを追体験!南粤美食 (なんえつびしょく)と海老ワンタン麺の魅力

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店、南粤美食 (なんえつびしょく)。

海老ワンタン麺の魅力やその他の料理とはどんなものでしょうか。詳しく解説いたしますね。

以下の流れで紹介します。

  • 孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)の口コミと人気の理由とは?
  • 孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)の席数は?
  • 孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)のメニューは?

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)の口コミと人気の理由とは?

横浜中華街に位置する「南粤美食(なんえつびしょく)」は、その本格的な中華料理とアットホームな雰囲気で、多くの食通から高い評価を受けています。

口コミを調べると、特に海老ワンタン麺や腸詰め貝柱釜飯が人気を集めており、その絶妙な味わいが多くの来店者を魅了しています。

この店の人気の理由の一つに、使用する食材の質の高さが挙げられます。

干し貝柱や海老などの素材は厳選されており、広東料理の伝統的な技法で調理されています。

また、蒸し料理など、ヘルシーで優しい味わいのメニューが豊富に揃っており、家族連れや女子会にもぴったりです。

口コミサイトやSNSでは、店舗の清潔さや店員の親切な対応についても好意的なコメントが多く見られます。

南粤美食」のもう一つの魅力は、元町中華街駅から徒歩圏内というアクセスの良さです。

観光やショッピングの合間に立ち寄ることができるため、旅行記ブログやSNSでの紹介も増えており、初めて訪れる方でも安心して訪問できます。

この店の魅力を知れば、横浜中華街を訪れる際に、ぜひ足を運んでみたいと思うことでしょう。

南粤美食で、本場の中華料理を味わいながら、特別なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)の席数は?

「南粤美食(なんえつびしょく)」の席数は1階は10席。2階は20席です。

少人数のグループから家族連れまで幅広いニーズに応えられるよう設計されていますが、下町の中華街のような店内はカウンターメインのやや狭いイメージ。

中華料理店らしい落ち着いた雰囲気があり、中華料理の魅力を堪能するのに最適な空間です。

また、行列ができることも多いので、訪れる際は時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

「南粤美食」は、元町・中華街駅から徒歩数分という好立地にあり、観光の合間に立ち寄ることも容易です。

営業時間

月・火・木・金・土・日

午前 11:30 – 15:00(13:00Lo)

午後 17:00 – 20:00(19:00Lo)

定休日 水

※土日祝日は予約の関係で受付時間が変わることがある

この店は、その美味しさだけでなく、心地よいサービスでも知られており、店員さんの対応も非常に親切です。

横浜中華街で本格的な中華料理を楽しみたい方は、ぜひ「南粤美食」を訪れてみてください。その絶品料理とアットホームな雰囲気に、きっと満足することでしょう。

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店 南粤美食 (なんえつびしょく)のメニューは?

南粤美食(なんえつびしょく)のメニューは以下となります。

<メニュー>※一部抜粋

  • 詰め干し肉貝柱釜飯
  • 香港ひすい電話麺
  • 腊味二宝煲仔飯
  • 香港海老雲吞麵
  • 香港海老雲谷
  • 海老の卵とあわび入リイーフーメン
  • たまご焼きそば
  • たまごと海老のビーフン火炒め
  • 香港チャーシュー麺
  • 香港牛バラ肉入りつゆそば
  • 腸詰め入りチャーハン
  • 自家製の醤と五目チャーハン炒め
  • カニ肉入りチャーパン
  • 貝柱チャーハン
  • ビーフンの醤油ソースかけ
  • 牛バラ肉入りビーフン
  • ライス

横浜中華街に位置する「南粤美食(なんえつびしょく)」は、その豊富な広東料理のメニューで人気を集めています。

この店は海老ワンタン麺をはじめ、蒸し餃子や干し貝柱を使った料理など、多彩なメニューを提供しています。

まず、看板メニューの一つである海老ワンタン麺は、ぷりぷりの海老がたっぷり入ったワンタンと、コシのある麺が絶妙にマッチしています。

この一品は、特に観光客や地元の人々に人気があり、注文する人が絶えません。

また、中華料理ならではの腸詰めや蒸し料理も充実しています。

腸詰めと貝柱の釜飯は、その濃厚な味わいとジューシーな食感が特徴で、一度食べると忘れられない美味しさです。

蒸し餃子は、皮が薄く、中身がぎっしり詰まっていて、ヘルシー志向の方にもおすすめです。

 

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺のシーン解説と中華街で食べたものとは?

孤独のグルメの横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺のシーン解説や中華街で食べたものとはどんなものでしょうか。

詳しく解説いたしますね。

以下の流れで紹介します。

  • 孤独のグルメの横浜中華街の南粤美食 (なんえつびしょく)のシーン解説
  • 孤独のグルメの横浜中華街の南粤美食 (なんえつびしょく)に登場したキャストとは
  • 孤独のグルメで横浜中華街で食べたものは何?お店はどこ?

 

孤独のグルメの横浜中華街の南粤美食 (なんえつびしょく)のシーン解説

『孤独のグルメ』の横浜中華街で「南粤美食(なんえつびしょく)」の海老ワンタンが紹介された回では、五郎の「10分後にリストを送れなんで無茶だよ」とパソコンを打ちながら肉まんを頬張るシーンから始まります。

肉まんを頬張りながらパソコンに向かう姿は印象的です。

仕事が終わり、中華街をふらつくと「猛烈に腹が減ってきた」といつもの五郎節が。

五郎は中華街の賑やかな雰囲気を楽しみながら店舗を探し「南粤美食」の入口に到着します。

「ちょっとなんかくるね。この海老ワンタンもうまそう。中華で釜飯?これは気になりますよ。」

店内に入ると、広東料理の豊かな香りが漂いますが、「ピータン紅ショウガ?」に顔を強張らせながら、カウンターへ。

釜飯、麺など悩みながら、腸詰め干し肉貝柱釜飯とアヒルのパリパリあげと海老ワンタン麺とウーロン茶を注文。

初めに来たのがアヒルのパリパリあげ梅ソース付きでした。

「パリッと上がった皮が絶妙!ダッグの脂がしみじみ美味い」とテロップがでていました。

「まずはそのままで。うわ。これはやられた。お手上げ。これだけで本日の中華勝負勝利確定。皮がパリパリ。つまりこれも北京ダッグってこと?劇的にハオツーですよ。今度はソースをつけて、甘い梅か。中華的恒久的ソースだな。これは良い。」と大絶賛。

次に来たのが香港海老雲吞(ワンタン)麺です。

「麺とスープとワンタンと無敵の香港三角食い」とテロップが出ていました。

「重い。どれ?ほおこれは、海老力(えびりょく)半端なし。こんな強力な海老力食べたことない。このスープ、どうしてくれよう。おっとたまげた。何この麵。ラーメンと思いきや別物。何だこの麺!ワンタンにはヘロヘロタイプとずっしりタイプがあり、全然違う。これはずっしり美味い系のかなり上位機種。ワンタンは雲を呑むと書くけど、これは雲を租借(そしゃく)するワンタンだ。」

次に来たのは腸詰め干し肉貝柱釜飯です。

「釜に集いし精鋭食材!中華の旨味極まれり」とテロップにでていました。

「これはあなた。だってそれはもう、この香りだよ。おほほでしょ。これは。中華釜飯頂きます。おー、なんじゃこりゃ。これはたまらん。和食の釜飯とは全然違う。腸詰めと貝柱の旨味が米に乗って、弾丸のごとく押し寄せてくる。あまりの美味さに春節の爆竹がはじけている。食えば食うほどクセになっていく。この飯なら100合くらいイケる。これたまらん、止まらん、たま止まらん」

こんなことを話していました。

追加で五郎は丸鶏半分をさらに注文。「余ったら持ち帰ります」と一言。

丸鶏の塩蒸し焼き

「黄金に輝く中華鶏肉 見た目も味もゴールドクラス」とテロップに出ていました。

「おお、美味い。アヒルとは違う鶏らしい鶏の味。美味しいアルヨ。塩っ気が絶妙。そしてこの塩味が新たな食欲を湧きあがらせる。まだ美味い。まだ美味しい。」と話していました。

五郎はこの「南粤美食」のお店について

「この店にして本当に良かった。この広大な中華料理のジャングルであきらめずにこの小さな一軒を発見した自分を褒めたい。美味しさに国境はない。」と大絶賛でした。

海老ワンタン麺は、プリプリの海老ともちもちのワンタンが特徴で、一口食べるごとに広がる旨味に五郎は感動します。

さらに、スープが絶妙なアクセントとなり、料理全体の味わいを引き立てていました。

このシーンでは、五郎が一品一品を味わう様子が丁寧に描かれ、中華街の魅力が存分に伝わってきます。

店員とのやり取りも見どころの一つ。五郎が料理の詳細を尋ねると、女将は親切に説明してくれます。

この温かい接客も、「南粤美食」が人気を集める理由の一つでしょう。

五郎が満足そうに店を出るシーンで、「いやー、大吉を引き当てた。広東料理、なんとか美食…?」と素晴らしい食体験が締めくくられます。

このエピソードを観て、横浜中華街の南粤美食を訪れたくなった方も多いのではないでしょうか。ぜひ、一度足を運んでその魅力を体験してみてください。

ドラマ『孤独のグルメ』より 公式HPはコチラ

 

孤独のグルメの横浜中華街の南粤美食 (なんえつびしょく)に登場したキャストとは

『孤独のグルメ』横浜中華街編で南粤美食(なんえつびしょく)に登場したキャストは、主人公の井之頭五郎を演じる松重豊さん、占い師ワンの八嶋智人さん、常連客の佐々木主浩さん、女将の榊原郁恵さんなどが登場していました。

五郎は、自由な食べ歩きを楽しむ個人事業主で、その飄々としたキャラクターが人気を集めています。

横浜中華街でのエピソードでは、五郎が南粤美食に足を運び、海老ワンタン麺を注文するシーンが特に印象的です。

この回では、五郎が店内の雰囲気を楽しみながら、広東料理の魅力を存分に堪能します。

海老ワンタン麺の他にも、腸詰や干し貝柱などの料理も登場し、五郎が一つ一つ丁寧に味わう様子が描かれています。

このシーンを通じて、南粤美食の魅力が存分に伝わってきます。

また、五郎の食べっぷりやリアクションも見どころの一つです。

五郎が美味しそうに料理を頬張り、満足げな表情を浮かべる姿は、視聴者に強い共感を与えます。

松重豊さんの演技力が光る瞬間であり、彼の自然な演技が、まるで自分もその場にいるかのような臨場感を生み出しています。

南粤美食の店員役としても、女将の榊原郁恵さんが登場し、五郎とのやり取りがドラマをさらに引き立てます。

彼らの温かい接客と、五郎の素直なリアクションが絶妙にマッチし、視聴者に心地よい印象を残します。

このように、『孤独のグルメ』Season8の第1話「神奈川県横浜中華街の中華釜飯と海老雲吞麺」は、松重豊さんの魅力が詰まったエピソードであり、南粤美食の素晴らしさを感じられる内容となっています。

ぜひ、ドラマを見返して、その魅力を再確認してみてください。

 

孤独のグルメで横浜中華街で食べたものは何?お店はどこ?

孤独のグルメで横浜中華街で食べたものは以下です。

店舗名:南粤美食(なんえつびしょく)

  • 丸鶏の塩蒸し焼き(半羽) 「黄金に輝く中華鶏肉 見た目も味もゴールドクラス」
  • 腸詰め干し肉貝柱釜飯 「釜に集いし精鋭食材!中華の旨味極まれり」
  • 香港海老雲呑(ワンタン)麺 「麺とスープとワンタンと無敵の香港三角食い」
  • アヒルのパリパリあげ梅ソースつき 「パリッと上がった皮が絶妙!ダッグの脂がしみじみ美味い」

店舗名:不明

  • フカヒレおこげ入りスーラータン「スーラーたまにはいいな。フカヒレ、もしかしてコレ?こういう屋台飯も割り切ってしまえば良し。」
  • 肉まん「肉まんが上手い季節になってきた。肉密度高し。」

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ドラマで話題となった海老ワンタン麺と、その舞台となった南粤美食(なんえつびしょ)について詳しくご紹介しました。

では今回のまとめです。

  • 『孤独のグルメ』の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺が登場したのは、Season8の第1話「神奈川県横浜中華街の中華釜飯と海老雲吞麺」
  • 『孤独のグルメ』の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺の店は「南粤美食(なんえつびしょく)」
  • 「南粤美食(なんえつびしょく)」は、本格的な中華料理とアットホームな雰囲気で、多くの食通から高い評価を受けている
  • 「南粤美食(なんえつびしょく)」は、豊富な広東料理のメニューで人気を集めている。
  • 『孤独のグルメ』の横浜中華街で紹介された海老ワンタン麺とは、香港海老雲呑(ワンタン)麺

横浜中華街に行ったらぜひ、海老ワンタン麺を食べてみて下さいね。

 

孤独のグルメが好きな方はコチラもおススメ

【必見】孤独のグルメで登場した成田山新勝寺のうなぎ屋とは⁉

蕎麦屋多津美:せいろそばの情報はコチラ

【必見】孤独のグルメで登場した成田山新勝寺のうなぎ屋とは⁉

焼肉屋「焼肉みっちゃん」:コウネの情報はコチラ

孤独のグルメで紹介された広島県のコウネが味わえる店とは⁉焼肉と名店ガイド!